第三ガーデンの庭木の枝抜き

2019..9.27(金)(曇り)

3年間もほったらかしにした、庭木は、

もう庭園樹などとは言えない。

ただただ大きくなった、行儀の悪い木!

剪定ばさみなどでは間に合わない。

のこぎりで、バンバン落としていく。

庭木は、幹の美しさを見せるのも重要!

混在する、植木が、共存できるように、

日当たりも、よく考えて、、。

蜂の巣箱には、まだ西日を避けたいので、

もう少し後回しにする。

老木のグミの木は、「3分の1」切り落としたが、

何食わぬ顔でそこに立っている。

この大きな「シャラの木」も、大きな枝を切って、「3分の1」にしたのに、

『私は最初からこんな姿でしたよ~~』 と,

主張している。

隣りの、「きんもくせい」は、ミツバチのために、花が終わってから、手入れすることにした。

この2011㎡には、

まだこの10倍ぐらいの手入れ待っている。

今年は、ミツバチ1年生なので、

畑も山も、アメリカセンダン草さえも、

花が終わってから、草刈をすることにした。

初冬は、残り仕事で、大忙しになりそうだ。

やっと、寝れますよ~

2019,9,23(月)(台風一過、曇り)

台風は、私に特別な時間をくれた。

我が家は2階建。

私とおなじ年のこの家は、

未完成の部分が多すぎた。

その一つが、2階の3つ目の部屋。

30年ぐらい前に、私は私財を75万円もかけて

16㎡の床面積、に伴うすべてを、山小屋風に、

プロの大工さんに依頼して、作ってもらった。

自分たち家族の里帰り用。

私が、日本を留守にしている間に、

「物置」に、変身していた。

一階のリフォームで、

不要になった畳を使おうと思ったのだが、

サイズが合わなくて、

積み上げられたままになっていた。

思い切って、切り捨てることにした。

畳は6畳しかないが、しばらくは新鮮に感じるだろう

そのうち『かまち』は、取り付けよう。

出入口には、「ブラインド」

2つの窓には

ロールブラインド&プリーツブライインド。

デザインで、こうなったのではなく、

大阪の事業の不良在庫。

サイズの近いものを、「ないよりまし!!」

で、つけてみた。

冬休みの子供たちの、合宿にはいい隠れ家になった

今回の、ごみは、結構あった。

一年に一回、模様替えしたら、

3年ぐらいで、

すっきりさわやかな部屋になるだろう!!


我が家の「第3ガーデン」

2019.9.16(月)(晴れ)

やっと、雨から解放された。

我が家の第3ガーデンは、

今年4回目の草刈り。(2011㎡)

今回は少し早めの草刈りなので、

「紐狩り」

一部、ひもで刈れない草の所は、チップソウで。

今年から挑戦の、「日本ミツバチ」の為に

野の草刈りを、

花の時期が終わってからにする事にした。

よく見れば、野山には結構花が沢山咲いている。

明日からは、この第3ガーデンの、

庭園樹の、手入れをする。

地域限定『ゆうパック』

2019・9・10(火)(晴れ)

地域限定!?

『アナグマ』にハウスをマークされてしまった。

ナイアガラ種の「ぶどう」も、気づいたときは、

もう半分以上、荒らされた後だった。

いろいろ対策しては見たが、

『巨峰』のハウスにも、やってきた。

袋を開けて、熟した実だけを食べて、

次の袋を開ける、、、。

アナグマに食べさせるぐらいだったらと、

かなり早いが、糖度は、まあまあ!?

第一弾、、ゆうパックで、強制送付け!!

めでたく本日スタンプ満了!

貯金箱!!、結構うれしい。

貯金なんてしないのに、

もらえることがうれしい。

ゆうパックは、持ち込みで120円引き、、

さらに、同じとこに送ると、

前の送り状で、60円引き。

その60円のために、毎回、レシートの箱の中から、

探しまくって、持っていく。

それを、この春から郵便局が、

こんなサービスを開始、。

その気配りに、感激!

阿蘇市限定!らしい、、。

郵便局が唯一の金融機関。

「千万両」、ゲットしたい方は、

阿蘇市の郵便局から発送しましょうね~~~

雨ばっかり!

2019.9.1(日)(雨)

What if it rains?

Why don’t we reading inside?

もう、久しく太陽を見ていない。

田舎暮らしで、雨に降られるとすることはほとんどない。

熊本では、有名なリサイクルショップ。

このショップの隅の方に、

申し訳ないほどに取り扱いのある 「本」

熊本に用事に出たときに、立ち寄る。

目的は、ワゴンセール。

30冊で500円

欲張って、30冊選ぶのは、結構むつかしい。

最近は、装丁がアニメになっているものが多く、

手が伸びない。

どうしても、表紙と内容が重なってしまう。

こういったところの評価を、

一冊一冊読んでセレクト。

推理小説だけ、、しか読まない、、

何も考えない派の自分は、趣味は?と聞かれたら、

『読書!推理小説』

と答えてよいぐらい、、ただ読めばよい。

昔は、読んだら捨てていた!

理由は、「2回も読みたくなるほどでもない。」

最近は、置いている、、

いったいどのくらい読んだだろう?、、と

視覚でとらえたい。と、、思っただけだ。

階段が、上がれないぐらい積んでみたい!!

,

迎え盆・送り盆

2019.8.25(日)(雨)

天気の悪い日が、多すぎる。

とうに過ぎたお盆の写真は、

私にも、ほのぼのと心に残るものがある。

迎え盆の花、上の大きいほうは、お墓用

下の小ぶりな方は、仏壇用。

私の地方では、

野に咲く花を、お盆の花として、

お供えするのだが、

野原もなくなったこの頃は、

「盆花」は、ほとんどない。

8月12日、小雨の中、子供たちと、迎えに行く。

『神様や仏様は、耳が遠いから、

  大きな声ではっきり言ってね!』

「ご先祖の皆様、お盆ですので、

  私たちと、どうぞ、一緒に、お戻りください。」

子供たちは、その小さな手を合わせて、

大きな声で唱和した。

送り盆、、8月16日

みんな帰って、隣のゆうきくんだけになった、、。

山歩き、お決まりのスタイル。

長靴に虫かご、、田舎の風景に溶け込んでいる。

猫のたまちゃんは、ゆうきくんが好き!

墓まで、お供する気だ。

「ご先祖の皆様、

来年のお盆にまたお迎えに来ます。

 ゆっくりお休みください。」

と、手を合わせていた。

行きも帰りも、たまちゃんと話しながら、

片道約600m」の、

お墓参り、、静かな田舎だ~~

子供たちのお盆休み

2019.8.22(木)(晴れ)

お盆はとうに過ぎたが、

子供たちは田舎のお盆が、、

思い出になっただろうか?

ひ孫に囲まれた父は、結構楽しそうな顔。

ご飯を食べる途中で、

「乾杯忘れてた~~」って、

子供たちもこんな時は、乾杯なのだ。

子供たちに、完食の爽快感で、一品料理!!

な~んか、昔々の食卓みたいで、笑える。

これでも一応 『すき焼き』

子供たちのリクエストで、

締めは、うどんを入れて、、、

もちろん、完食してくれた。

食後は、タブレット、、メール、、

21:30??「何か食べたい!!」という。

『バナナクレープ』

私は、親でも、学校の先生でもないので、

子供主導!!

完食して、おなかも満足。

みんなで雑魚寝がまた楽しい!!

お墓掃除

2019.8.20(火)(雨のち曇り)

お盆の話は、もう旬を過ぎてしまったが、、

お墓も私の大切なガーデンの一つなので、

田舎のお墓の在り方を見てほしい。

8月7日は、昔から地域で決まった「墓掃除」の日

毎年、私がするであろう場所だけが、

広範囲に残っている。

ここは地域の、共同墓地なのだが、

「土葬」をしなくなって、

大方の家が、家の近くに「納骨堂」を立てて、

出ていかれた。

私のところも祖母が最後の「土葬」で、

母が、なくなった,15年前に、

土葬で埋葬されたご先祖様を全ぶ掘り起こして、

再火葬し、

新しくした納骨堂に、お直りいただいた。

その実家のお墓の隣りに、

大阪から、「樫木」の墓も移した。

私は長男の嫁なので、私がご先祖を守っていく。

だが、屋敷の敷地内に、お墓は作りたくない。

この共同墓地は、現役で使っているのは、

我が家と、もう一軒だけ。

もう一軒の方は、8月の初めに、

大量に除草剤を撒いていく。

私は、除草剤の使い方もわからないが、

使いたくもない。

結構きれいな野芝の土地だったのだが、

除草剤を撒くとこだけ、

芝もなくなってしまった。

他所の方が引き上げた分、

墓地は、広くなった、、、。

年に3回ぐらい草刈したら、

立派なガーデン墓地になるのだが、、

これからは、「頑張ろう!」

夏休み!お盆休み!

テーマ:田舎暮らし

2019.8.13(火)(台風接近避難警報中)

な~んか、ずっと遊んでいる?

何もできない日が続いている。

今年の、大型お盆休みは、

『学童保育?田舎合宿?』

大阪からやって来た

『隣のゆうきくん』こと、私の孫のために、

大分の兄の家族が、川遊びに招待してくれた。

我が家から、尾根伝いの道を30km

ファミリー向きの素晴らしい隠れスポット。

毎年恒例にしたい!!

帰りは、子供たちだけを、我が家に招待。

8月11日~15日まで、5歳~11歳まで、4人

『合宿?学童保育?』

にぎやかで、なかなか良い『お盆』でうれしい。

冬休みも、「合宿」実行したい!

初夏のガーデン・1

2019.8.6(火)(台風~通過)

突然の大阪行き、、、や、、、

従兄の不幸など、、

自分の生活外で、時間が過ぎていった。

ゆっくり、初夏の景色を、

楽しむ間もなかったような気がする。

野原のように見えるが、、我が家と、妹宅の敷地内である。

野生化した『ルドベキア』植えもしないが、

毎年、勝手に増殖していく。

大阪から昨年やってきた 『ユリ』

今年は、あまり元気よくないが、懸命に咲いた。

2年前に、植えこんだ『ユリ』

今年はユリにはあまり良い気候ではなかった、。

美しい時を、見ないまま散っていったユリも多数!

我が家のガーデンの球根も宿根草も、

よっぽどのことがなかったら、

移動することはない。

毎年、同じところでけなげに、

庭を、、「演出」する。

終わった花を、切り取る時間も、

気持ちの余裕もないのが残念だ、、、。