第三ガーデンの庭木の枝抜き

2019..9.27(金)(曇り)

3年間もほったらかしにした、庭木は、

もう庭園樹などとは言えない。

ただただ大きくなった、行儀の悪い木!

剪定ばさみなどでは間に合わない。

のこぎりで、バンバン落としていく。

庭木は、幹の美しさを見せるのも重要!

混在する、植木が、共存できるように、

日当たりも、よく考えて、、。

蜂の巣箱には、まだ西日を避けたいので、

もう少し後回しにする。

老木のグミの木は、「3分の1」切り落としたが、

何食わぬ顔でそこに立っている。

この大きな「シャラの木」も、大きな枝を切って、「3分の1」にしたのに、

『私は最初からこんな姿でしたよ~~』 と,

主張している。

隣りの、「きんもくせい」は、ミツバチのために、花が終わってから、手入れすることにした。

この2011㎡には、

まだこの10倍ぐらいの手入れ待っている。

今年は、ミツバチ1年生なので、

畑も山も、アメリカセンダン草さえも、

花が終わってから、草刈をすることにした。

初冬は、残り仕事で、大忙しになりそうだ。

コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ