これぞ阿蘇の山奥にふさわしい!!

冬仕事、、、伐採


伐採は、冬が良いと聞く、、理由は『虫がつかない』
樹皮と木の間に、すぐに虫が入ってしまうらしいのである。


冬の材木は多少なりとも、値段が良い。

 

バンコクから戻ってきた時から家の周辺は切ってしまいたいと思っていたのだが、価格の低迷で、山師の賃金はおろか、切ればきるほど、持ち主が追い足しをしなければいけない、、、

何処にも、誰にも迷惑が掛かるわけでもないのでそんな出費をしてまできる理由も無かった。
昨年の秋から、別の山の『間引き』が、1月末にやっと終わったので、引き続き、父の所有地に、移ってもらった。


隣地の境木などの植えられた木は、あちこちに放置されたように、、それでも結構大きくなっている。


家からの眺めも、多少なりと広がるだろう。

 

 

 

手前の切り株は杉の木を切った後、、、

中心のケヤキの木が植えてある原っぱは、他人の所有、、

その向こうの杉林も、順番に伐採!!


手を入れてくれている山師さんは、半年は、我が家に掛かりっきりになる。


私の所は、森林組合も、補助金事業も受けていない。
補助金のあり方にも、その補助金目的の事業者にもあまり共感を持っていない。

 

 

コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

サブコンテンツ

このページの先頭へ